PowerShell

以前Windows XP環境にインストールしたまま放置していたWindows Power Shellをちょっといじってみた。
基盤技術は.NETなので、Power Shell特有の書式さえわかれば応用が利きそう。

とりあえずテストとして、ドライブ一覧を取得し、準備ができてないドライブ(ディスクの挿入されていないリムーバブルドライブなど)を除外して、ドライブレター、タイプ、フォーマット形式、総容量、空き容量を表形式で出力させてみた。

コード(というかコマンド)

[IO.DriveInfo]::GetDrives() | where {$_.IsReady} | Format-Table Name, DriveType, DriveFormat, TotalSize, TotalFreeSpace

結果

Name                  DriveType DriveFormat          TotalSize TotalFreeSpace
----                  --------- -----------          --------- --------------
C:\                       Fixed NTFS              243822227456    75804323840

なんか遊べそうだし、Windows Home Server 2011の環境で処理動かすのに使えそうなので、ちょくちょくいじってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)