iPhone 5のテザリング機能をWindowsから使う

当初Wi-Fi接続を利用していたが、あまりに不安定なのでUSB接続を試してみた。

前提としてiTunesのインストールが必要とのことだが、調べてみると必須コンポーネントは以下の2つのようだ。

  • Apple Application Support
  • Apple Mobile Device Support

これらのコンポーネントはiTunesのインストールファイル(iTunesSetup.exe)に同梱されているので、Cabinet形式をサポートするアーカイバを使えば各コンポーネントのインストールファイル(msi形式)を抽出できる。

ファイルを抽出したら、AppleApplicationSupport.msi → AppleMobileDeviceSupport.msiの順にインストールすれば準備完了。そのままiPhoneをUSBケーブルで接続すればデバイスドライバがインストールされ、テザリングを有効にすればiPhone経由でインターネットに接続できる。

しばらく使ってみたが、Wi-Fiよりはるかに安定している様子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)